« 『グロリア』の感想です | トップページ | 『インビクタス 負けざる者たち』の感想です »

『ジャージー・ボーイズ』の感想です

ミュージカル映画と言うよりも、『フォー・シーズンズ』という音楽グループの歴史を、彼らの曲を交えて描いていくという映画です。

音楽には疎くて、正直に言うと「フォー・シーズンズ」と言うグループ名も、フランキー・ヴァリの名前すら知らなかったのですが、デビュー曲の「シェリー」をはじめ、「君の瞳に恋してる」など、劇中で流れる曲が全て知っている曲ばかりsign03すごいグループなんですねcoldsweats02

映画のストーリーはやはり脚色されている部分があり、全てが事実という訳ではない様ですが、同じエピソードでもメンバーそれぞれに受け取り方が違い、場面場面で語るメンバーを変えて行くという見せ方は面白いと思いました。

エンドロールが華やかで楽しかったですnotes

=クリント・イーストウッド監督=2014=アメリカ映画=

ジャージー・ボーイズ@ぴあ映画生活

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村にほんブログ村


|

« 『グロリア』の感想です | トップページ | 『インビクタス 負けざる者たち』の感想です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/481497/57908617

この記事へのトラックバック一覧です: 『ジャージー・ボーイズ』の感想です:

» 「ジャージー・ボーイズ」  音楽の神が再び微笑むとき [はらやんの映画徒然草]
以前、クリント・イーストウッドがミュージカルを撮るって聞いて驚いたのですが、こち [続きを読む]

受信: 2014/11/06 22:54

« 『グロリア』の感想です | トップページ | 『インビクタス 負けざる者たち』の感想です »